生そば(きそばえんじゅ


自然とアートの島

能登半島の真ん中にひょっこり浮かぶ島「のと島」。

こののと島の中央にある向田(こうだ)町に生そば槐(きそばえんじゅ)はあります。

のと島は野性のイルカに逢えるスポットとして有名で、水族館や釣りにのと島に訪れる方もたくさんおられます。また、美術館・ガラス工房・窯元があり、アートな島でもあります。

生そば槐は自然いっぱいのこの島で、手仕事の一店舗として自家製粉・手打ちで本物の日本そばを提供しています。

独歩炎


大正生まれ

建物は大正時代に建てられた民家を改装しました。

この建物は2007年3月25日の能登半島地震(マグニチュード6.9)にも耐えてくれました。

大きな梁やびっしりとススが付いた壁と柱、中庭に流れ続ける自噴する井戸水などが長い年月を感じさせてくれます。

梁


単純な材料

当店で使うそばの材料は2種類のみ。長野県八ヶ岳産のそばと、地元「十却坊の霊水」のみで打っております。

そばは4種類に挽き分け、3種類(変わりそばは別で)のそばに仕上げています。

十却坊の霊水は何年も腐らない湧水です。この霊水が八ヶ岳産そばの風味を最大限に引き出してくれています。

丸抜き


本来の味そのままに

当店は何れもそば粉100%(生粉打ち)で且つ水捏ねで毎朝手打ちしております。水捏ねは加熱による味の劣化をおさえ、そば本来の味そのままに打つ事が可能となります。

まだまだ水捏ね更科を提供する店舗は少数ではありますが、機会があれば是非一度お試し下さいませ。新しいそば文化を感じる事ができると思います。

外観正面


略歴

打ち場
  田中 哲也

  • 1971年 石川県七尾市多根町に生まれる
  • 七尾短期大学を卒業後システム開発に携わるが、そばの道に入る
  • 2005年10月 長野県上田市「手打百藝 おお西」へアルバイトをしながらそば打ちを習う
  • 2006年 4月 長野県上田市「手打百藝 おお西」の大西利光氏に師事
  • 2009年 4月 石川県七尾市和倉温泉「加賀屋」へ入社。料理への姿勢・技術を学ぶ
  • 2013年 5月 日本そば専門店「生そば 槐」を開店
  • 2013年11月 「第16回全国農業担い手サミットinいしかわ」ご臨席のため石川県を訪問された皇太子さまにお蕎麦を献上
釜前