ブログ

石崎奉燈祭2016

毎年8月の第1土曜日に開催されます。

能登で一番大きなキリコ(奉燈)

能登の夏祭りといえば、「キリコ」

その中でも一番大きなキリコが七尾市石崎町の「石崎奉燈祭」のキリコです。

IMG_7742 - コピー (Mobile)

七尾市ではキリコのことを「奉燈(ほうとう)」と呼びます。

石崎町のものは、約100人の男衆で担ぎます。

タイヤや車輪などはついていません。

なので、奉燈囃子の太鼓や笛でみんなの息を合わせて動きます。

息の合っていない奉燈はなかなか上手く動きません。

おすすめは夜の部

午後8時より、夜の部が始まります。

灯りのついた奉燈はとても幻想的です。

夕方、堂前広場に集合した6基の奉燈がそれぞれ乱舞するところから始まります。

IMG_7748 (Mobile)

IMG_7766 (Mobile)

2階建ての家より大きな奉燈が、狭い路地を往来するので、迫力満点!


祭りは夜中遅くまでやっています。




ぜひ男衆の汗と熱気を間近で感じてください。